スカルプシャンプーの成分で注意すること

頭皮状態の改善のためにスカルプシャンプーを使用されている方は多いでしょうが、含まれている成分が頭皮状態や健康の悪化に繋がる場合もあるので注意する必要があります。頭皮トラブルを抱えている方は特に注意して確認するようにしてください。成分表示は配合が多い順番に記載されるきまりがありますので上位に表示されているものほど多く含まれています。

 

コカミドDEAは、シャンプーに含まれる発がん物質です。配合されている場合は使用を避けられたほうがよいでしょう。

 

シャンプーに含まれる界面活性剤は、水だけでは落ちない皮脂汚れなどの油汚れを落とす役割をします。界面活性剤は原料により大きな違いがあり、原料によっては多く添加物が含まれており皮膚障害がひどくなる可能性があります。多く添加物を含む界面活性剤の原液をマウスの背中に塗ると、ただれをおこし出血し脱毛していきます。このような界面活性剤は、強力な洗浄力により頭皮や髪の毛の必要な油分まで取りキューティクルを破壊していきます。しかし、このような界面活性剤が含まれるシャンプーを使われていても問題ない方もおられます。しかし、頭皮を痛めつけていることは確かですので頭皮のトラブルを抱えておられる方は悪化するおそれがあるため特に気をつけましょう。

 

界面活性剤がアルコール系や石鹸系のものは皮脂に対する洗浄力がとても強いです。頭皮の油脂分を完全に洗い流してしまう可能性が大きく皮脂の落とし過ぎにつながります。これは頭皮環境を損ねてしまう大きな原因となります。

 

アルコール系の成分名はラウリル硫酸塩、ラウレス硫酸塩、アルキル硫酸、ラウリル硫酸、カリウムなどで、石鹸系の成分名は脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム、石けん素地、カリ石けん素地などです。

 

スカルプシャンプーを購入する際には配合成分に注意して選んでいきましょう。その為には効能や効果などを事前にしっかりと調べられることをおすすめします。ほぼ毎日使用するものですし健康にも関わることですので自分にあったよい製品を見つけだしましょう。