スカルプシャンプーの選び方

さまざまな種類のスカルプシャンプーが存在するとのでどの製品を選べばよいか分からないという方も多いでしょう。選び方は、抜け毛対策や皮脂汚れ対策などご自身の悩みから選ぶと選択しやすいです。

 

そもそもスカルプシャンプーは、頭皮ケアに特化した成分が配合されています。効能は、ふけ、かゆみ、汗臭を防ぎ、頭皮を清潔にし、毛髪を健やかにできるなどがあります。男性用のイメージが強いですが、女性用製品も多いです。発毛や育毛効果を期待される方も多いですがほとんどの製品はそのような効果効能はありません。しかし、頭皮を健康な状態にするので抜け毛が減り健康な髪の毛が生えてくることを助けます。

 

基本的にスカルプシャンプーといわれるものは、アミノ酸系シャンプーが多いです。これは髪と頭皮に刺激が少なく、必要な皮脂を残しながら優しく汚れを落としてくれます。さらに、アミノ酸成分にはトリートメント効果があり保湿力も高いので髪の毛や頭皮にいい影響を与えます。しかし、洗浄力が緩やかですのでオイリー肌の方は避けられるか2度洗いが必要となります。抜け毛対策や皮脂汚れ対策にも大変有効で全ての肌質の方が使用できます。どれを選べば分からない方は、アミノ酸系のものを選んでください。

 

他には、石鹸系スカルプシャンプーや高級アルコール系スカルプシャンプーがあります。これらは、洗浄力が高く必要な皮脂まで落としてしまう場合がありますので注意しましょう。石鹸系はアルカリ性で洗髪後酸性のリンスを使用して中性に保つことが推奨されています。また、石鹸系製品の無添加や天然由来のものは肌に優しいです。

 

配合成分以外では、シリコン入りかノンシリコンかで髪の毛に与える影響がかわります。シリコンは、髪の表面をコーティングする効果がありツヤをよくして指通しがよくなります。しかし、毛穴づまりや薄毛の原因となる可能性があります。そこでノンシリコン製品の頭皮や髪に負担が少ない性質が注目されるようになりました。さらに、カラーやパーマの効果を長持ちさせる効果もあります。しかし髪の指通りが悪くなりドライヤーなどの熱ダメージを受けやすくなります。

スカルプシャンプーの種類

スカルプシャンプーは頭皮を健康に保つための製品です。配合成分などの違いで多くの種類がありますが大きく分けてアミノ酸系、石油系、石けん系の3種類あります。

 

アミノ酸系は、人間の皮膚や髪を構成するタンパク質の主成分であるアミノ酸を使用しているため毛髪や頭皮への刺激が優しく髪のうるおいを保持する力や傷んだ髪を補修する効果もあります。泡立ちは弱めですが刺激が少なくダメージヘアや敏感肌に適しています。成分名は、ラウロイルグルタミン酸Na、ココイルメチルアラニンNa、ココイルサルコシンNaなどです。

 

石油系は、石油やアルコール由来の化学的成分によって作られており、硫酸系、高級アルコール系とも呼ばれています。市販されているシャンプーでも多く用いられており非常に強い泡立ちや洗浄力があります。しかし刺激も強く頭皮をカバーしている油分まで洗い流してしまうので、フケ、乾燥、皮脂の過剰分泌などの頭皮トラブルをまねく可能性が高いです。成分名は、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Na、アルキル硫酸、ラウリル硫酸カリウムなどがあります。

 

石けん系は、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを主成分としており洗浄力は強いです。髪は弱酸性ですが石鹸系はアルカリ性です。その為、キューティクルがはがれる可能性があります。成分名は、脂肪酸ナトリウム 、脂肪酸カリウム、石けん素地 、カリ石けん素地などです。

 

スカルプシャンプーの多くの種類のなかから選択するのは大変迷いやすいものですが、困った時はアミノ酸系のものを選ばれると間違いはないです。オイリー肌や強い整髪量を使用されている方は、石鹸系の無添加や植物性の由来成分のものを選ばれるとよいでしょう。アミノ酸系でも2度洗いをすることで対応できます。石油系は、頭皮や髪の悩みがある方にはあまりおすすめできませんが価格がお求めになりやすい製品が多いというメリットもあります。ほぼ毎日使うものですのでしっかりと成分表示を確認してから購入するようにしてください。